D9Club.JP

ブロックチェーンウォレット(登録方法)

ビットコインは、実態がないので「Webウォレット」という、ビットコイン専用の保管場所に置いておく必要があります。コインチェックやビットフライヤーなどの取引所にも置くことが出来ますが、あくまでも一時保管場所となります。

所有しているビットコインを、なぜブロックチェーン(ウォレット)に移さなければならないのかという理由ですが、「セキュリティの面から考えると、自分の所有しているビットコインの管理方法としては好ましくないから」というのが最も理解しやすい理由です。

書き出すと話が本筋からずれてしまうので、ここでは割愛しますが気になる方は調べてみてもよいでしょう。検索するとブログやサイトでたくさんの記事を見つけることができます。それでは、「ブロックチェーンウォレット(blockchin.info)」というWebウォレットへの登録方法を説明していきます。

Blockchain
https://blockchain.info/ja/

公式サイトにアクセスし、「無料ビットコインウォレットを作成」をクリックします。

下記を参考にしながら、必要事項を入力します。入力が完了したら、「利用規約を読了し、同意します」の横の□にチェックを入れて「続行」をクリックし次に進みます。

下記のような画面に切り替わりますので「セキュリティーセンター」をクリックします。ログイン画面になった場合は、「登録したメールアドレス」と「パスワード」を入力してログインしてください。

ログインするときに、登録したメールアドレスに下記のようなメールが届きます。内容を確認して、自分が間違いなくログインしようとしている場合は、リンクをクリックします。

セキュリティーセンターをクリックすると、下記のような画面になります。まずは、「メールの認証」を行います。

登録したメールアドレスに下記のような内容のメールが届いているはずです。テキストだけの表示の場合は「HTML表示」にしてみてください。確認できたら、「Verify Email」をクリックします。クリックすることでメールの認証が完了します。

万一のために、リカバリーフレーズ(英単語)をメモしておきます。家の鍵でいうと、「スペアキー」を作って紛失に備えるようなものだと思ってください。「バックアップフレーズ」をクリックして次に進みます。すると、パスワードの入力を求められますので入力して「送信」をクリックします。

リカバリーフレーズは、全部で12個の英単語で構成されています。自分で決めるのではなく、4単語ずつ自動的に表示されます。事前に「リカバリーシート」の印刷が可能になっています。必要に応じて使ってみてください。印刷は任意ですので、ノートやメモ帳でも問題ありません。準備が整ったら「次のステップ」をクリックします。

リカバリーフレーズが、4単語ずつ表示されます。
メモしたら「次の4つの単語」をクリックして次に進みます。

全部で3回繰り返すと12単語が表示されることになります。
途中で前のページに戻ることも可能です。画像は3ページ目となります。

前のページに戻りたいときは、「戻る」というボタンをクリックしてください。
12単語を控えたら、「最後のステップ」をクリックします。

続いて、控えた12単語のフレーズの確認(照合)を行います。
メモを確認しながら、画面上で指定された「XX番目の単語」を入力していきます。
入力するのは、控えた12単語のうちの4単語のみです。

全て入力したら「終了」をクリックします。下記の画面が出てくれば完了となります。「閉じる」を押して終了してください。

任意ですが、ログインパスワードを忘れてしまった場合のヒントを作成することが可能です。日本語での入力は出来ません。半角英数で入力してください。必要なければ設定不要です。入力をした場合は、「Save」をクリックします。

続けて、携帯電話番号の認証を行います。認証には、SMS(ショートメッセージサービス)に対応した番号が必要です。SIMがSMSに対応していれば、タブレットでも問題ありません。

まず、入力画面の最初の部分が「+81」となっていることを確認してください。違っていれば、▼で「+81」を選んでください。そして、自分の携帯電話番号を入力します。入力例のように、頭の「0(ゼロ)」は抜いて入力するようにしてください。最後に、「Save」をクリックすると、認証キーの入力画面になります。

上で入力した番号にSMS(ショートメッセージ)が届きますので、確認して入力してください。「モバイルがリンク付けされました」という表示になっていればOKです。

続いて、二段階認証の設定を行います。ログインするときに、パスワードだけではセキュリティが弱いので、それを補うための設定となります。「有効にする」をクリックすると次のような画面になります。

二段階認証の方法は「Googleが提供する認証用のアプリ」か「携帯電話番号認証」のどちらか一方を選ぶ形となります。ここでは、「Googleの認証アプリ」を使った方法を説明していきます。

アプリの正式名称は「Google Authenticator」というものです。詳細については、下記をご覧ください。

【iOS版】
https://itunes.apple.com/jp/app/google-authenticator/id388497605?mt=8
【Android版】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2&hl=ja

画面上で「Google Authenticator」が選択されていることを確認してください。先ほどインストールした「Google認証アプリ」を起動し、表示されているQRコードを読み込ませます。すると、「6ケタの数字」が出てきます。その数字を入力してください。最後に「2段階認証を有効にする」をクリックすると設定が完了します。2枚目の画像のようになればOKです。

最後に、TORという匿名ネットワークで使用されているIPアドレスからのアクセスを防ぐための設定を行います。右下にある「TORの要求をブロックします。」をクリックすれば設定完了となります。